社会システム|Japan

蓄電池まるわかりナビ

売電が値下がりしても大丈夫!

これからの太陽光発電は「売る」から「貯めて使う」へ

卒FIT後は蓄電池で自家消費!

卒FIT後は蓄電池で自家消費!

10年間の高価買取期間が終了します!(2019年問題)

2009年から始まった固定価格買取制度(FIT)で、太陽光発電を高く売電できた期間が2019年以降順次終了するため、各家庭では対策が必要になります。
10kW未満の太陽光発電設備における固定価格買取期間は10年。2019年より順次終了し、48円だった買取価格は10円以下になると予想されています。これは電力会社から買う電気の価格よりも、格段に安い設定です。

高価買取期間終了

安子さん

という話を聞いたんだけど、10年間の買取期間が終わるとどうなるの?

得子さん

設備はそのまま使えるけど、今まで通りには売れないの?

卒FITの話ね、それなら私に任せて!

緑子さん

買取期間が終了したら、売電価格が下がって電気料金の方が高くなるから、売っても損になるのよ。

緑子さん
安子さん

えー、じゃあどうすればいいの?

10年間の買取期間が終わった後の主な選択肢は大きく分けて3つあるわ!

緑子さん

その1売電を続ける

新たに電力会社や電気買取業者と契約すれば、余った電気を売ることはできるわ。でも今の1/5程度の価格になるみたいよ。

売電を続ける
安子さん

電気代も上がってきてるし、売らずに使った方がいいわねぇ。

その2仮想蓄電(お預かり)サービスを使う

これは、余剰電力を、サービス提供会社が一時的に預かり、必要な時に利用できるサービス。売電よりもおトクになるケースもあるの。ただし、利用手数料が必要だったり、預けられる電力に上限もあったり、電気料金プランも限られることもあるので、自分の生活スタイルに合っているかどうか確認が必要ね。

仮想蓄電(お預かり)サービスを使う

緑子さん
得子さん

うーん、利用手数料がかかるかもしれないのね。安く売るよりはいいのかしら?

その3「蓄電池」に電気を貯める

蓄電池を導入すれば、昼間余った電気を売らずに貯めておけるし、夜間は、割安な電気を貯めておくことができるから、電気代を減らせておトク!長期的には経済的な選択ね!

「蓄電池」に電気を貯める

緑子さん
得子さん

発電分をムダにせずに自家消費できるし、電気代も減らせて一石二鳥!

それに、最近、自然災害が多くて突然停電になったりするけど、蓄電池に充電しておけば電気が使えるので、とても助かるわよ!

災害時も安心

緑子さん
安子さん

いざという時も安心ね!

そう、蓄電池を導入すれば、こんなメリットがあるから、おトクで安心に暮らせるわ!

メリット

緑子さん

蓄電池とは?ページへ

蓄電池まるわかりナビコンテンツマップ

  • ホーム
  • 知る卒FIT後は
    蓄電池で自家消費
  • 蓄電池とは?
  • 防災にも蓄電池
  • 選ぶ蓄電池比較の
    5大ポイント
  • オムロンの
    おすすめ蓄電池