構造物モニタリング

大切な設備・社会インフラを見守る
「容易・最適・高度なモニタリング」をご提供します。

昨今、少子高齢化による労働力人口の減少が懸念される一方で、地震・台風・豪雨等の増加から設備・社会インフラの見守りの必要性も増加しています。
オムロン ソーシアルソリューションズでは、日々追求している容易・最適・高度なモニタリングで、社会を支える様々な設備、社会インフラの「点検の効率化」「安全の確保」「早期復旧」に貢献します。

社会の様々な場所で最適な安心・安全をご提案する
オムロン ソーシアルソリューションズのモニタリングソリューション

ご利用場所・目的で選べるソリューションラインアップ

ソリューション例

  • 橋梁の挙動監視
    加速度
    ひずみ
    変位
    温度
    など
    橋

システム概要

インフラのモニタリングソリューションシステム概念図

導入事例

採用事例
大学様、道路事業者様、自治体様

技術掲載事例
・「土木構造物のためのモニタリングシステム活用ガイドライン(案)」 

https://www.pwri.go.jp/jpn/results/db/doken_kankoubutu/doken_shiryou/files/doken_shiryou_4408_00.pdf

第二部
第3編 6章 適応事例 3-54
第4編 6章 動ひずみによる剛性変換のモニタリン 4-57
9章 適応事例 4-114
第10編 6章 分析事例の紹介
6.3.4 構造物維持管理システムノ適応範囲 10-61

・「点検支援技術性能カタログ」
https://www.mlit.go.jp/road/sisaku/inspection-support/
https://www.mlit.go.jp/road/sisaku/inspection-support/pdf/15_2.pdf
BR030021-V0121 2-5-171