Primary Contents

健康経営

トップメッセージ

代表取締役社長 細井 俊夫
当社がイノベーションを起こし、新たな社会課題を解決していくためには、社員の健康が基盤であると考えます。
将来にわたる従業員の健康リスク低減を目指し、従業員の心身健康保持・増進、ワークエンゲージメント向上を目的に、以下の方針を掲げて「健康経営」を推進していきます。

目的

世界中の人々が安心・安全・快適に生活し続ける豊かな社会を創造するために、私たち自身が心身共に健康で活き活きと働くことができる企業であることを目的に「オムロングループ健康宣言」に基づき健康経営の実践に取り組んでいます。

基本方針(健康経営・安全衛生方針)

当社は、オムロンの企業理念のもと従業員の安全と健康を重要な経営資源と位置づけ、オムロングループ労働安全衛生ビジョンの実現に向けて、安全衛生文化を育み、働く人の自律的な協力を引き出すことを通じて、安心・安全・健康が保障され、生産性が高く活力のある職場環境の実現に努めていきます。

職場環境
安全で働きやすい健康的な職場を提供するため、職場のリスクを評価するとともに、従業員の健康保持・増進 とワークエンゲージメントの向上につながる安全衛生目標を設定し、その達成に向け働く人の協議・参画を進めていきます。
法令順守
労働安全衛生に関する法令及びその他の要求事項を全員で順守していきます。
リスク管理
働く人の災害及び疾病を予防するため、継続的に危険源の除去と安全衛生リスクの低減に取り組んでいきます。
継続的改善
安全衛生上の課題を計画的・継続的に改善することにより、ワークエンゲージメントと安全衛生パフォーマンスを向上させていきます。
安全衛生文化
安全衛生活動を全員で理解し実践することで、社内および構内業務委託会社様など関連組織において安全衛生文化を育み、心身共に健康で、ソーシャルオートメーション事業の創造に挑む人材を育みます。

体制

健康経営の取組みを推進するため、オムロン ソーシアルソリューションズでは、社長を統括責任者とし、産業医、産業保健スタッフを含めた実行体制を構築して健康経営の実践に取り組んでいます。また健康保険組合と連携し、全社での活動を推進しています。

ページの先頭へ
ページの先頭へ