完全自家消費専用パワーコンディショナ 屋外仕様KPW-2シリーズ

完全自家消費専用パワーコンディショナ 屋外仕様KPW-A-2シリーズ

KPW-A-2 series

  • 主な特長
  • 仕様
  • ダウンロード

主な特長

Features

業界初*1「完全自家消費」をシンプルに
実現する次世代システム

今後の太陽光発電において主流となる、発電電力を売らずにかしこく使う「完全自家消費」。
オムロンの完全自家消費システムは独自の制御技術で、施工工数の最小化と発電効率の最大化を同時に実現した画期的な次世代システムです。

【設計・施工業者様メリット】最小限の機器・工数でシステム構築 【施主様メリット】トータルコスト削減&発電最大化

オムロンの完全自家消費システムはここが違う!

「高速・高精度負荷追従」技術でRPRが不要に*2特許出願中

パワーコンディショナが電力を監視しながら高速で制御するため、消費電力に合わせて99%程度*3 の高精度でムダなく負荷追従が可能。だから、発電利用を最大化できるうえ、従来必要だったRPRの設置や制御装置の設定の手間が削減できます。

■ 一般的な自家消費システム

①パワーコンディショナの出力上限値設定が必要

①パワーコンディショナの出力上限値設定が必要

②消費電力に合わせた余裕のある追従制御が必要

②消費電力に合わせた余裕のある追従制御が必要
■ オムロンの完全自家消費システム
高速で負荷追従するため、負荷が急変してもRPRは作動しません

高速で負荷追従するため、負荷が急変してもRPRは作動しません

  • *1. RPR 機能内蔵と 99% 程度の高精度負荷追従が可能な完全自家消費システム。 2020 年 3 月、当社調べ。
  • *2.*3. 低圧受電の単相回路にCT接続する場合、または高圧受電二次側の単相回路にCT接続され、三相回路に発電機がない場合

オムロンの完全自家消費システムだからできる3つのシンプル

構成
シンプル

最小限の機器構成や配線で完全自家消費に対応特許出願中

RPR機能や負荷追従制御をパワーコンディショナ本体に搭載することで、RPRとコントローラが不要に。*1
設計はもちろん、設置・配線までシンプルにできます。

■ 一般的な自家消費システム
必要な機器が多く、配線も複雑
■ オムロンの完全自家消費システム
RPR、コントローラ機能内蔵で必要機器と配線が最小限

施主様イニシャル
コスト削減

  • *1. 低圧受電の単相回路にCT接続する場合、または高圧受電二次側の単相回路にCT接続され、三相回路に発電機がない場合

運用
シンプル

RPR作動による復旧作業や面倒なパラメータ設定は不要特許出願中

発電電力が消費電力を超えることがないため、逆潮流によるRPRが作動せず、復旧作業は不要。
消費電力に合わせて時間帯別に制御スケジュールを設定するなどの手間も不要です。

■ 一般的な自家消費システム
制御スケジュール設定が必要、現場駆け付けが必要
■ オムロンの完全自家消費システム
制御スケジュール設定不要、復旧作業不要

施主様発電ロス・
ランニング
コスト削減

保守
シンプル

メール通知設定や遠隔異常履歴確認で必要な時に必要な保守を

エラーの緊急度に応じたメール通知設定ができ、不急なエラーに追われずに対応できます。
また、異常の履歴が遠隔で分かるため、現地出動要否が判断ができ、保守工数の削減が期待できます。

メール通知設定

対応が必要なエラー発生時のみメールが届くように設定でき、緊急度の高いエラー時にも迅速に対応できます。

メール通知設定
異常履歴画面

遠隔で異常履歴から過去の傾向が分かり、不必要に現地を訪れる工数を減らせます。

異常履歴画面

施主様発電ロス
削減

様々なシステム構成へ柔軟に対応

低圧から小規模高圧まで、様々なシステム構成にパワコン容量を変化させて対応できます。*1

低圧

低圧

小規模高圧

小規模高圧
  • *1. マスター機は1台目、スレーブ機は2台目以降に使用してください。

仕様

Specification

※表は横にスクロールさせると全体をご覧いただけます。

品名 完全自家消費専用パワーコンディショナ
形式 KPW-A55-2PJ4*1 KPW-A55-2J4 KPW-A55-2SPJ4*1 KPW-A55-2SJ4
タイプ 一般タイプ、マスター機 一般タイプ、スレーブ機 重塩害対応タイプ、マスター機 重塩害対応タイプ、スレーブ機
直流入力 定格入力電圧 DC320V
運転可能電圧範囲 DC50~450V
最大許容短絡電流 4回路:DC50A(1回路 DC12.5A)
最大動作入力電流 4回路:DC44A(1回路 DC11A)
交流出力 入力回路数 4回路(1MPPT)
定格容量 5.5kW(力率0.95/1.0時)
定格交流出力電圧 AC202 ±12V
電力変換効率 96%(JIS C 8961準拠)
定格力率 1.0
単独運転検出方式 能動的方式:ステップ注入付周波数フィードバック方式(無効電力発振抑制機能対応)
受動的方式:周波数変化率検出方式
絶縁方式 トランスレス方式
電気方式 連系運転時 単相2線式(単相3線式配電線に接続)
自立運転時 単相2線式
自立運転時の定格容量(電圧) 1.5kVA(AC101V)
夜間の消費電力 有効電力:0.5W、皮相電力:11.5VA
使用周囲温度 -20~50°C
使用周囲湿度 25~95%RH(ただし、結露および氷結なきこと)
騒音 29dB(Typ)
外形寸法(横×高さ×奥行) 450×484×232
質量 本体:約20kg、取付けベース板:約2.5kg
本体冷却方式 自然空冷方式(内部攪拌ファンあり)
ケース材質 金属ケース
ケース塗装色 フロント:シルバー、サイド/リア:ダークグレー
取付け方式・取付け方法 壁掛け方式・ネジ止め
設置環境 海岸および汽水域から500mを超える屋外または屋内設置 屋外設置*2
保護構造 IP55 IP66
JET認証登録番号 MP-0151
  • *1. 外部入出力端子、系統電力計測CT入力があります。
  • *2. 海水の波しぶきが直接かからない場所(ただし台風や強風の一時的な海水の飛散は除く)。

※表は横にスクロールさせると全体をご覧いただけます。

品名 自家消費用ゲートウェイボックス
形式 KP-GWSC-A
機能 遠隔モニタリング、遠隔設定、異常時メール送信
ボックス内蔵品 太陽光発電システム用ゲートウェイ(KP-GWPV-A)、電力計測ユニット(KP-GWAP-MU)、LTE ルータ、サーキットプロテクタ
パワーコンディショナ接続台数 最大12台
接続可能太陽光発電用
パワーコンディショナ
KPW-A55-2PJ4、KPW-A55-2J4、KPW-A55-2SPJ4、KPW-A55-2SJ4
表示部 LCD 2行 半角16文字 文字色:白、背景色:黒/LED 4点
表示内容 LCD設定内容、発電量などを表示/
LEDシステム正常/異常、発電有無、運転状態
操作方法 操作ボタン(▼/▲/決定/戻る)
外部I/F USB2.0 A(保守作業用)
通信 FDD-LTE[NTTドコモ10年分通信費用は製品代金に含まれます]
動作電源 単相三線 AC100/200V、50/60Hz
最大消費電力 15W以下
使用温度湿度範囲 -20~+50℃、RH25~85%(結露および氷結なきこと)
保存温度湿度範囲 -20~+50℃、RH25~85%(結露および氷結なきこと)
外形寸法(横×高さ×奥行) 300×400×165 ※突起部分含めず
質量 約5.5kg
ケース材料 PC+ABS樹脂 UL94-5VB (ライトグレー(RAL7035))
取付方法 壁面取付 ※壁取付金具による取付
保護構造 IP65相当
設置環境 海岸および汽水域から500mを超える屋外または屋内設置

現在状態表示

モニタリング対象設備を表示

ダウンロード

Download

ページの先頭へ
ページの先頭へ