省力化・効率化ソリューション

危険事象検知センサ(支障検知センサ)

このようなことでお悩みではありませんか?

施設管理や運行の安全確保に携わる要員を増やすことなく、今よりも安全性を高めることはできないか。

施設に「危険事象検知センサ」を設置することで、事故につながりかねない危険な事象や支障物(障害物)を検知し、安全な施設運用や列車運行を支援します。

お困りごと
  • 列車のワンマン運転を進めたいが、乗客と列車が接触しないか心配でなかなか踏み切れない。
  • 車両編成の長さやホームの形状に関わらず、列車出発時の安全を確保したい。
お役立ち
  • 乗務員の目が届きづらい状況であっても、乗客と列車が接触する可能性がある危険な事象を検知することが可能。

■例えば鉄道駅で・・・

例えば鉄道駅で・・・ 例えばアミューズメント施設で・・・

特 長

  • 直射日光などの影響が少なく、屋外設置でも安定的に検知する事が可能です。
  • ホームの屋根など上部から検知する方式のため、乗務員の視認性を損なうことがありません。
  • ポールなど危険事象検知センサを取り付けるための構造物が不要なため、工事費が削減できます。
「危険事象検知センサ」をはじめ、省力化・効率化ソリューションに関するお問い合わせはコチラから
page top