セキュリティ・ソリューション

立入り注意喚起システム

このようなことでお悩みではありませんか?

警備員などの人手を常時配置することができないため、立入り禁止エリアに意図せず入られてしまうことを阻止できないか。

設置している監視カメラの映像から弊社独自の画像解析技術を活用した注意喚起システムを導入することで、危険を検知し、本人に注意喚起ができます。

お困りごと
  • 事故につながる危険な行動を監視したいが、立入り禁止エリアが広く、全域をカバーするだけの監視員を常に配置することが難しい。
  • 一斉アナウンスなどで注意を促しているが、注意を喚起したい対象者が気づいてくれない。
お役立ち
  • 監視カメラの映像から自動で事故につながる立入り禁止エリアへの侵入を検知し、対象者にピンポイントで注意を促すことが可能。

■例えば鉄道駅で・・・

例えば鉄道・駅で・・・

■例えばアミューズメント施設で・・・

例えばアミューズメント施設で・・・

特 長

立入り注意喚起システム
  • 既存の監視カメラを活用可能です。
    ※解像度により新たなカメラの設置が必要なケースがあります。
    ※既存のカメラの画角調整が必要なケースがあります。
    ※既存の監視カメラの目的外で個人情報を取得する場合は、その目的を別途利用者に案内を行うなど、個人情報保護法の遵守が必要です。
  • 検知エリアを簡単に設定できるため、検知エリアの変更や設定はユーザ様で行うことが可能です。
「危険エリア注意喚起システム」をはじめ、セキュリティ・ソリューションに関するお問い合わせはコチラから
page top