ビルメンテナンスのDX化をラクラク実現
設備の点検・把握+分析できる

スマホアプリで

点検できる

スマホ画面の点検項目に沿って入力することで、ペーパーレス化、点検水準の均一化を実現します。さらに効率化と業務改善に寄与できます。

スマホアプリで点検できる

クラウド型ビル管理システム

クラウド型ビル管理システム

誰でもすぐにエキスパートに。
ナレッジ共有で品質向上。

スマートフォンを活用したクラウド型ビル管理システムでの設備管理を行うことで、点検業務の「効率化」と「品質向上」につながり、「建物品質の均一化」と「利用者への快適環境の提供」が実現できます。
また、実務経験の浅い点検員でも、Facility Logを活用することでエキスパート並の業務が期待できます。

クラウド型ビル管理システム
クラウド型ビル管理システム
クラウド型ビル管理システム

表示画面データはサンプルです

いつでもどこでも

把握できる

点検結果や作業進捗をポータルサイトで簡単に把握。複数のビルも見える化でき、異常対応の迅速化やサービス改善にお役立ちします。

いつでもどこでも把握できる

ビル全体のデータ化

ビル全体のデータ化

ビル全体の設備、状況を把握し、
異常時の対応のスピードUP

BACnetと接続してデータをFacility Logクラウドで蓄積することや、計測できていない設備や部屋へのIoTセンサ設置でビル全体の状況をデータ化します。
従来は巡回点検していた建物を遠隔監視することも可能で、移動による時間の削減、監視の効率化に貢献します。
さらに建物情報を一元管理して可視化することで、業務が見える化されてスピーディーで適切な判断が行なえます。

※ BACnet:Building Automation and Control Networking Protocolの略。ビルネットワークのための通信規格。
ビル全体のデータ化
ビル全体のデータ化
ビル全体のデータ化
建物データを

分析できる

グラフ表示を主としたデータ分析を活用し、問題把握や運営のヒントを提供。一歩進んだ管理を実現します。

建物データを分析できる

データ活用と分析

データ活用と分析

ビル運営における改善点
Facility Logがご提案

蓄積したビル全体のデータや点検データを見える化するだけではなく、多彩な分析が可能です。
Facility Logで見える化する、使用量、点検時間、設備の稼働時間などの分析データからビル運営やLCC削減にお役立ちできる情報を提供します。

※LCC:Life Cycle Cost 製品や構造物などの企画、設計に始まり、竣工、運用を経て、修繕、耐用年数の経過により解体処分するまでを建物の生涯と定義して、その全期間に要する費用を意味します。