エントリー

社員紹介STAFF

開発設計(ソフトウェア)

就職活動の際にOSS(オムロン)を選んだ理由を教えてください。

就職活動では、人々の生活・社会をより豊かにする製品・サービスの開発にたずさわりたいと思っていました。そんな中、オムロンの企業理念「われわれの働きで われわれの生活を向上し よりよい社会をつくりましょう」が、まさに私が社会で行いたことと一致しました。そして、オムロングループ内で人々の生活を支える社会インフラ事業を行っている、オムロンソーシアルソリューションズは世界初の自動改札機や電子自動交通信号機など今の生活には必要不可欠な製品を先駆けて開発しており、社会の変化を感じ取り培われた実績と経験、技術に魅力を感じました。

このことから、オムロンソーシアルソリューションズなら、人々の生活・社会をより豊かにする製品・サービスの開発にたずさわりながら、技術者として成長することができると感じ選びました。

現在担当しているのはどのような業務ですか。

一般道や高速道路には、走行車両の台数を計測する車両検知センサが設置されています。私はその車両検知センサの新たなセンサ開発を担当しています。

開発している新たな車両検知センサはこれまで扱ったことがない原理をベースにしたもので、従来のセンサでは、センサ付近を通過した車両情報のみでしたが、新たなセンサでは、広範囲で複数の車両の位置と速度、大きさなどが計測できます。その結果、車の流れなどが把握でき、より効率的な信号制御等が可能となり、渋滞や事故の削減につながります。

働くやりがいや楽しさを感じられるのはどんな時ですか。

社会に求められている技術や商品を開発しているのだと実感した時と、自分自身の技術力が向上していると実感した時にやりがいを感じています。

お客様のところで新たなセンサの紹介などをした際、「従来のセンサだと、現場や利用者に負担をかけているが、新たなセンサはそれらが軽減できる」や「これまで以上の情報を得られることから、事故を防ぐアプリケーションが作れる」など、お客様から期待のお言葉をいただき、社会に必要な商品を開発しているのだと実感できます。また、お客様や国主催の共同研究を通して、社会が抱えている課題を少しずつ解決しているのだと実感できるとともに、社外の技術者と議論することで自身の技術力が向上していると実感ができます。これらの経験が働くやりがいにつながっています。

また、新たな技術を開発するにあたって、オムロングループ内で技術を専門とした部署の方や大学の教授などと議論をすることで、自身の技術力が向上し、学会や展示会等で、高度な技術者と議論ができた時、楽しく感じるとともにやりがいにつながっています。

仕事で苦労した事、困難だった事はありますか。

新たな技術の開発は、知見と技術力の少なさで苦労することがあります。ただ、それを乗り越えていく中、知見や技術力が向上していくのが感じられるため、苦労しがいがあります。

新たな車両検知センサとして市場に導入するにあたって、実際のフィールドでお客様になっとくいただける検知精度を出すために、技術的な検知精度向上させた時とても苦労しました。検知精度劣化要因の調査において、新たな原理モデルをベースした技術だったため、社内や業界内では知見が少ないことや、実際のフィールド上には構造物等で検知精度劣化要因につながる可能性があるものが多く、要因分析は一筋縄ではいきませんでした。

そんな時、オムロングループ内で技術を専門とした部署の方や大学の教授など高度な技術者に相談や議論を行い、一つずつ劣化の原因を導き出すことができました。

その結果、検知精度が向上しお客様から好評いただけたことと、自身の知見・技術力が向上していると感じることができ、苦労した甲斐があったと思えます。

今後仕事をしていく上で成し遂げたいと考えている事や目標はありますか。

現在の業務目標は、開発中の高精度で広範囲をセンシングできるセンサの精度をより向上させるとともに、信号機や自動運転車などと情報を共有させることで、日本の道路から渋滞と事故を無くすことです。具体的には、センサと信号機が連携することで、交通流から効率的な信号制御が可能となり、渋滞の削減が可能となります。さらに、センサと車が連携することで、交差点や死角などで歩行者や自転車・バイクなどの位置情報を共有することで、交差点や死角などでの事故が無くなります。その他に、高速道路の合流部で自動車の位置情報を自動運転車と共有することで、自動運転車のスムーズな合流が可能となります。その結果、人々が安心で安全な社会がつくれると考えています。

私自身の目標は、OSSがこれまで培われた経験、技術をしっかりと身に着けるとともに、OSSには無い技術を習得、自身の技術力を向上させ、自動改札機や電子自動交通信号機のような人々の生活に欠かせない商品を開発することです。

ページの先頭へ
ページの先頭へ