エントリー

社員紹介STAFF

開発設計(ソフトウェア)

就職活動の際にOSS(オムロン)を選んだ理由を教えてください。

まず就職する業界を選ぶ際は「画像センサの開発」ができることを基準にしていました。その理由は、大学時代に画像処理の研究をしており、その知識を活かしたかったからです。加えて、画像処理という分野が社会で広く使われており、今後さらに高度化・多様化し未来の社会を作る上で重要な役割を果たすと考え、そこに貢献したいと思いました。

「画像センサの開発」を行っている数多くの企業の中からOSSを選んだ理由は、画像センサとして多くの興味深い商品を開発していたこと、そしてオムロンから分社化され設立間もない会社であったこと、の2点があります。前者の具体例をいうと、スマイルスキャンやセグメントセンサに興味を引かれました。今まで使用されてこなかった用途に画像処理を使用しているためです。後者の理由は、自分の成長のためです。設立間もない会社であれば、新入社員とはいえ重要な仕事を任される機会も多いのではないかと考えました。

現在担当しているのはどのような業務ですか。

入社してから現在まで、一貫して画像センサの開発を行っています。現在行っている業務は高速道路に設置されるセンサ端末の開発で、検証映像作成・センサのランニング試験・検知アルゴリズムの検討・センサの設置調整などを行っています。社内での開発だけでなく、センサを設置する現場に行くことも多く、1つの商品に対して技術開発から設置メンテナンスまですべての工程に携わっています。

働くやりがいや楽しさを感じられるのはどんな時ですか。

1つの商品に技術開発から設置メンテナンスまで長く関わっているので、商品が運用されている様子を見た時に1番やりがいを感じます。新しいセンサだとニュースで取り上げられることもあり、ニュースを見ながら「これをやっていた!」と周りの人に話すことができます。

日々の業務の中では、画像センサの検知精度が開発基準を上回った時に嬉しさを感じます。センサの精度向上のためには大量のデータで検証を行いますが、そのデータで良い結果が出ると苦労した甲斐があったと思えます。 また特定の分野においては、大学時代の研究を活かして主担当として取り組んでいます。社内では私が一番詳しいという自信を持っており、周りの先輩からも頼りにされている実感が得られるので、やりがいを感じることができます。

仕事で苦労した事、困難だった事はありますか。

センサの精度検証については日々苦労しています。検証の量が信頼性に直結するので、日々大量のデータ検証を行っています。結果が良ければスムーズに終わるのですが、検証のやり直しや調整を何回も繰り返すことがあります。

また設計したセンサの設置現場に行く時、センサの種類によっては作業場所が高所や夜間など、環境が厳しい現場もあります。特に真夏や真冬は体力も必要になるため、相当な準備をして臨みます。 ただ、周りに相談しやすいフランクな職場なので1人で抱え込むということはなく、関係者と相談・調整しながら仕事に取り組んでいます。

今後仕事をしていく上で成し遂げたいと考えている事や目標はありますか。

まずは現在開発している画像センサを広く展開していくための技術を開発することが目標です。画像センサは設置場所に依存する点が多く、広く展開していくためには課題が多々あります。その課題を解決して全国各地に画像センサを整備していくことで、より便利で安全な社会に貢献したいと思っています。

また現在主担当をしている分野について、社内で活用する場を増やしていきたいです。画像センサと組み合わせることで、今までになかったことが多々できるようになると考えています。そのために、より専門的な技術を高めることが目標です。

もっと将来的な話では、新たな技術分野を作っていきたいです。現在はドローンやウェアラブル機器関係が新しい技術分野として盛り上がっていますが、まだ今はない新しい技術を生み出すことにこだわり、技術の進歩に貢献したいと考えています。

ページの先頭へ
ページの先頭へ