エントリー

社員紹介STAFF

生産技術

就職活動の際にOSS(オムロン)を選んだ理由を教えてください。

ものづくりへの興味から、大学では機械工学を専攻しており、就職活動の際もメーカを中心に企業を調べていました。また、ものづくりに携わる仕事をするのであれば、「多くの方に使っていただける商品を世に送り出したい」という思いも持っていました。これらの思いを持って、企業調査を進めていく中で、オムロンが社会システム事業として自動改札機や券売機などの鉄道機器や交通管制システムなどの開発・生産・販売を行なっていると知りました。

就職活動をするまで、オムロンのイメージは健康医療分野しかありませんでしたが、それ以外にも数多くの事業を行なっていることを知りました。中でも社会システム事業の商品は「多くの方に使っていただくことができ、幅広く社会貢献できる」ものとして、私が就職活動を進める上で重視してきた思いと合致するものであったことからオムロン(OSS)を選びました。

現在担当しているのはどのような業務ですか。

生産技術の業務に絞って話をすると「いかに効率良く、かつ高品質にものづくりができるかを追求する」ことだと考えています。そのために製品の組立工程を確認し、生産効率化に向けた改善提案や治具設計、新規商品を生産するための生産ラインや準備物を整備する生産準備業務などを主な担当業務として行なっています。

働くやりがいや楽しさを感じられるのはどんな時ですか。

生産性を向上させるために治具を設計することがあります。まず、自分で図面を描いたものが実際に目に見える形になることに楽しみを感じています。さらに、その治具が製造現場で使用され、「これがあると作業がしやすくなった。ありがとう。」と言ってもらえることが働くやりがいにつながっています。

また駅などに足を運ぶとOSSの商品が設置され、使用されているのを見かけます。実際に自分たちがお客様へ届けた商品が現場で稼働し、役に立っていることを直接的に見られることに仕事のやりがいを感じます。

自社商品が社会に貢献していることを直接的に実感できる機会があるのは社会システム事業を行なっているOSSならではであり、仕事をする上で大きなモチベーションアップにつながっています。特に、海外旅行をした際にOMRONロゴの入った改札機を見かけたときは感動を覚え、しばらく立ち止まって改札機を眺めてしまいました。

仕事で苦労した事、困難だった事はありますか。

開発部門に出向していたときに、メカ設計者として機器の設計に携わっていましたが、1つの機器を作り上げるのは本当に大変なことだということを実感しました。

一般的にメカ設計者として一人前になるには10年かかると言われています。開発部門での出向期間は2年間だったので一人前になるまでには至りませんでしたが、先輩社員の指導や加工を担当する協力会社の方とのやりとりを通じて、苦労する中でもメカ設計のスキルアップを図ることができました。特に印象深いのが、構想設計に近いところから経験させてもらった売店向け端末デモ機の開発です。

試行錯誤しながら部品の形状を検討し、3D-CADで何枚も図面を描きました。やっと図面を描き終え、部品を製作してもらう協力会社に図面を送ったと思ったら、担当の方から「この形状だと加工が難しい。」と指摘され、その後何度もやりとりをしながら修正を重ねて完成まで仕上げました。苦労はしましたが、そのおかげでメカ設計者としてのスキルは大きく向上することができ、デモ機が完成した際には、「頑張って良かった!」と心から思いました。

開発部門への出向で得られたメカ設計のスキルは現在も治具の設計などに活用して役立てています。

今後仕事をしていく上で成し遂げたいと考えている事や目標はありますか。

市場のグローバル化、機器単体からシステム商品への変遷などOSSを取り巻く環境は変化しており、それに応じて、ものづくりのやり方も変化をしていかなければなりません。そのためには現状のやり方に捉われない、新しいものづくりのやり方にチャレンジしていくことが重要だと考えています。生産技術者として、新規商品に対して1人で工程設計ができるまでのスキルを身につけることを直近の目標としています。この目標を3年以内に達成し、生産技術者として一人前と言えるレベルまで到達したいと考えています。

現在は、注力テーマでもある「海外向け紙幣処理機の量産立ち上げ」に携わっており、海外の委託先会社での生産を行なうために必要な設備やドキュメントの整備を進めています。これらの事前準備を確実に実施できているかどうかが量産立ち上げを成功させるための重要なポイントとなるため、責任感とともにやりがいを感じながら取り組んでいます。生産技術者として活躍できるようこの経験を活かしてステップアップしていきたいと思います。

ページの先頭へ
ページの先頭へ