エントリー

社員紹介STAFF

開発設計(ソフトウェア)

就職活動の際にOSS(オムロン)を選んだ理由を教えてください。

社会システムという事業分野と、社員の人柄に惹かれました。
就職活動時、業種をあまり絞らずに漠然と面白そうな企業を探していました。そんな中、オムロンの事業分野を見た際に、OSSが社会システムを手掛けていることを初めて知りました。それまではオムロン=健康、医療機器の印象しか持っていませんでしたが、交通管制システムや駅務機器など今の社会に欠かせない分野にも貢献していることを知り、その社会貢献性の高さに興味を持ちました。また、「われわれの働きで われわれの生活を向上し よりよい社会をつくりましょう」というオムロンの企業理念も、新しいものを積極的に取り入れて生活を便利にしたいという、私の思いと一致しており非常に魅力を感じました。

OSSを選んだ最大の理由が社員の人柄です。実際に面接に臨んだ際に、悪く言えばパターン化された様なよくある面接とは異なり、面接官と会話をしていることを強く感じました。私の話をきちんと聞いていただき、その内容に対して意見や質問を返していただける面接を通じて、この人たちと一緒に働きたい!と思うようになりました。

現在担当しているのはどのような業務ですか。

駅の安心安全に関わる業務をしています。駅の中での事故に繋がりかねない危険な事象を自動検知するシステムの開発です。

主な業務は検知アルゴリズムの開発で、どのような時に危険な事象が発生していると判断するか、その判定手法の検討、実装、精度検証などを実施しています。

検知精度の向上や、現在は対象としていない新たな事象の検知など、お客様からのニーズに応えるために日々改善を実施しています。

働くやりがいや楽しさを感じられるのはどんな時ですか。

二点ありますが、最もやりがいを感じるのは自分が設計、開発に携わった製品が世の中の役に立っていることを認識する時です。「システム導入以降、事故が発生していない」や、「事故に繋がりそうな事象をシステムが検知し、安全にご案内した」という話をお客様からお聞きすると、自分の業務が世の中の役に立っていることを感じます。製品の導入先が駅という大きなフィールドですので、システム導入の際にはニュースや新聞で取り上げられることもOSSならではのやりがいです。

二点目は、検知アルゴリズム改善による精度向上が目標の数値を達成した時です。精度向上のプロセスは苦労した事としても挙げていますが、やりがいも非常に感じます。どのような手法で精度向上するのかは個人に任せてもらえるので、自分が検討したアルゴリズムで目標精度を達成できた時には喜びもひとしおです。実績を積んでいくことで周囲の方からも認められ、新規案件提案時などに頼られるようになると、自身が成長していることを実感できます。

仕事で苦労した事、困難だった事はありますか。

検知アルゴリズムの開発においては、検知対象となる事象が漏れなく検知できること、検知すべきでない事象は検知しないことが最も重要になりますが、毎回この精度目標の達成に非常に苦労しています。屋外では日照変化や雨などの外的要因が多いことから、必ず予期していない出来事が発生し、精度目標達成の大きなハードルとなります。それらのハードルを越えるために検知アルゴリズムの改善を実施しますが、思うように精度が向上しないまま時間が過ぎていき、焦りを感じる時もあります。

そんな時は一人で考え込まず、周りにアドバイスを求めて解決の糸口を掴むことを意識しています。先輩社員のアイデアや、以前検討や作成されたアルゴリズムを参考にすると、一人で取り組むよりも早く、高品質なものができます。「組織で働いていることを上手く利用しよう」これはアドバイスとともに先輩社員からいただいた言葉で、今でも業務を進める上で常に意識していることです。

今後仕事をしていく上で成し遂げたいと考えている事や目標はありますか。

事業としての目標は、普段何気なく利用している駅を、今まで以上に快適で安全な空間にすることです。今後は労働人口の減少により、駅に常駐する係員様の減少や無人駅が増加していく一方で、日本が観光大国になることで訪日外国人の鉄道利用は増加していくと予想されます。そのような環境において、今は人の手で実施している作業を自動化させていくことが重要と考えています。ハンズフリーな改札、外国人の国籍を識別して自動翻訳で案内、列車の車両ごとの混雑状況表示など、今より便利になりそうな要素は数多くあります。それらを実現させ、鉄道を全ての利用者がストレスなく移動できる乗り物にしたいと考えています。

業務としては、お客様に次々と新たな提案ができるように、開発のプロセスを早めていくことが必要不可欠になります。お客様が今何に困っているのか、どうすればその課題を解決できるのかを常に考え、的確に課題を解決できる製品をできるだけ早くお客様に提供することで、製品の価値だけでなくOSSのブランドイメージも向上できると考えています。 そのためには最新技術や環境変化の動向を常にチェックしておき、製品に活用できる様々な技術を習得することで、周囲に頼られる人材になることが個人的な目標です。

ページの先頭へ
ページの先頭へ