防災・減災ソリューション

地震影響度測定センサ

このようなことでお悩みではありませんか?

地震発生後、安全確保や早急な復旧のために、優先順位をつけて点検や復旧処置を行いたい。
今よりもきめ細かく被害状況を把握できないか。

一般的な地震計よりコストを抑えた地震影響度測定センサであれば、細かいエリア単位で設置することができます。より細やかに震度レベルを把握することで、運行停止や通行止めなどの迅速な判断や点検・復旧の優先順位をつけることができ、早期復旧に貢献します。
(注)震度レベル:震度ではなく震度に相当する定量的な数値(GAL値)

お困りごと
  • 自然災害時、気象庁情報の震度を基に対象エリアの施設の安全点検を行っているが、広範囲の点検をしなければならず安全性の確認に時間がかかる。
  • 特定の場所の震度がわからず、安全を担保するための判断に時間がかかる。
お役立ち
  • 細かいエリア単位で震度レベルを把握できるため、点検が必要なエリアを絞ることができ安全性の確認を短縮することが可能。
  • 特定の場所での震度レベルが把握できるため、安全性を担保するための迅速な判断(運行停止や通行止めなど)が可能。

■例えば鉄道会社は・・・

例えば鉄道会社は・・・

■例えば不動産管理会社の場合・・・

例えば不動産管理会社の場合・・・

特 長

震度レベル測定センサ
  • 地震計の震度と同等なレベルを、定量的な数値で出力する事が可能です。
  • 一般的な地震計と比べて低コストで導入が可能です。
「震度レベル測定センサ」をはじめ、防災・減災ソリューションに関するお問い合わせはコチラから
page top