Page top

OMRON

無停電電源装置Japan

オムロン ソーシアルソリューションズ株式会社

UPSホーム

製品情報

無停電電源装置
UPS本体
増設バッテリ
交換バッテリ
オプション
オンサイト保守
オンサイト設置/予防保守
無償保証延長UPS
電源管理ソリューション
UPS後継機種一覧
Trend UPS
交流安定化電源装置
デモ機
価格表
生産終了機種

BX75SW BN75S BU150SW BX50F BU60RE BU75RW BU200RW BY50S BN100S BY80S BU300RW BN150S BZ35LT2 BY50FW BU100SW BY120S BU75SW BX50FW BZ50LT2 BN100XR BX35F BN150XR BU50SW BN220S BU1002SW BU3002SW BU100RW BN300S BY75SW BN50S BN240XR BU100RE BY35S

サポート/サービス

対応状況(OS/NAS/FAPC/ネットワーク機器/アプライアンス機器/SNMPマネージャ)
ダウンロード(取扱説明書/仕様書/カタログ/データシート/ドライバ/プロトコル/CAD)
バックアップ時間
デモ機
輸出について
修理
UPS本体3年保証
バッテリ無償提供サービス
テクニカルサポート
リプレイスサービス
FAQ
用語集
メルマガ申込
お問い合わせ先一覧
生産終了機種(全カテゴリ)

製品選定

選定方法
選定マップ
UPS選定ツール
比較表作成ツール
他社製UPS同等品検索ツール
各種動作検証結果
SNMPマネージャ動作検証
バックアップ時間

ご愛用者登録

インフォメーション

トピックス
全国取扱店
イベント/キャンペーン
輸出について

オンラインショップ


  1. ホーム>
  2. 無停電電源装置(UPS)>
  3. サポート/サービス>
  4. FAQ>
  5. 通信機器>
  6. MR404DV>
  7. PPTPサーバの設定例を教えてください。

FAQ

PPTPサーバの設定例を教えてください。

対象機種 MR304DV/MR404DV/MR504DV

MR304DV/MR404DV/MR504DVの設定画面を開き、以下の手順で管理コマンド・設定(設定メンテナンス)画面を呼び出してください。
「管理コマンド・設定」 →「設定メンテナンス」の順にクリックします。


以下のコマンドを追記します
なお、この設定例は、下記環境での接続設定例です。
お客様の環境に合わせて、変更してください。



<MR304DV/MR404DV/MR504DVのWAN接続方式:PPPoEの場合>


PPTPサーバ:MR304DV/MR404DV/MR504DV
PPTPクライアント:WindowsXP/2000
MR304DV/MR404DV/MR504DVのローカルIPは、192.168.2.1
インターネット(PPPoE)接続設定は、remote 0に設定
PPTPサーバ設定は、remote 1に設定
WindowsXP/2000(クライアント)に割り振るIPアドレスは、192.168.2.200


ip filter 1 pass in * 192.168.2.1/32 PPTP remote 0
ip filter 2 pass in * 192.168.2.1/32 PPTP_TUNNEL remote 0
ip filter 3 pass in 192.168.2.200/32 * * remote 1
ip nat 2 192.168.2.1/PPTP ipcp remote 0
ip nat 3 192.168.2.1/PPTP_TUNNEL ipcp remote 0
ip nat 4 */* ipcp remote 0
ip ras accept on
ip ras address 192.168.2.200
remote 1 answer permit on
remote 1 encrypt use mppe-128
remote 1 receive id ***** ← PPTP接続ID(任意の半角英数文字)
remote 1 receive password ***** ← PPTP接続パスワード(任意の半角英数文字)



<MR304DV/MR404DV/MR504DVのWAN接続方式:DHCPの場合>


PPTPサーバ:MR304DV/MR404DV/MR504DV
PPTPクライアント:WindowsXP/2000
MR304DV/MR404DV/MR504DVのローカルIPを 192.168.2.1
PPTPサーバ設定を remote 0に設定
WindowsXP/2000(クライアント)に割り振るIPアドレスを192.168.2.200


ip filter 1 pass in * 192.168.2.1/32 PPTP wanether
ip filter 2 pass in * 192.168.2.1/32 PPTP_TUNNEL wanether
ip filter 3 pass in 192.168.2.200/32 * * remote 0
ip nat 1 192.168.2.1/PPTP dhcp wanether
ip nat 2 192.168.2.1/PPTP_TUNNEL dhcp wanether
ip nat 3 */* dhcp wanether
ip ras accept on
ip ras address 192.168.2.200
remote 0 answer permit on
remote 0 encrypt use mppe-128
remote 0 receive id ***** ← PPTP接続ID(任意の半角英数文字)
remote 0 receive password ***** ← PPTP接続パスワード(任意の半角英数文字)


設定方法は以上です。



追加するコマンド各行の解説を致します。


ip filter 1 pass in * 192.168.2.1/32 PPTP
ip filter 2 pass in * 192.168.2.1/32 PPTP_TUNNEL

外部からのPPTPアクセスは、ファイアウォールで通過許可します。
「filter」の後の数字はフィルタ番号ですので、他のフィルタと重複しないよう任意の数字を設定します。



ip nat 2 192.168.2.1/PPTP
ip nat 3 192.168.2.1/PPTP_TUNNEL

MR304DV/MR404DV/MR504DVのLAN内へPPTPアクセスを受け渡すためのNAT設定です。
「nat」の後の数字はNATテーブル番号ですので、他のNATテーブル番号と重複しないよう任意の数字を設定します。



ip filter 3 pass in 192.168.2.200/32 * *

PPTPクライアントに割り当てたIPアドレスからのアクセスは、ファイアウォールで通過許可します。
「filter」の後の数字はフィルタ番号ですので、他のフィルタと重複しないよう任意の数字を設定します。



ip ras accept on

外部からのRAS接続を許可します。



ip ras address 192.168.2.200

PPTPクライアントに割り当てるIPアドレスを指定します。
PPTPサーバとなるMR304DV/MR404DV/MR504DVのローカルアドレスと同じサブネットのアドレスを設定してください。
MR304DV/MR404DV/MR504DVローカル内の、他の端末とアドレスが重複しないように設定してください。
アドレスは2つまで設定可能です。



ip nat 4 */* dynamic * *
(ip nat 3 */* dhcp wanether)

MR304DV/MR404DV/MR504DVにサーバ設定をする場合、このNATテーブルが最後尾に設定されるよう
NATテーブル番号を設定してください。(最大値64)

▲上へ戻る

オムロン製UPS本体、交換バッテリ、オプション等の製品型番で検索いただけます。