Page top

OMRON

無停電電源装置Japan

オムロン ソーシアルソリューションズ株式会社

UPSホーム

製品情報

無停電電源装置
UPS本体
増設バッテリ
交換バッテリ
オプション
オンサイト保守
オンサイト設置/予防保守
無償保証延長UPS
電源管理ソリューション
UPS後継機種一覧
Trend UPS
交流安定化電源装置
デモ機
OEM/カスタマイズ
価格表
生産終了機種

BX75SW BN75S BU150SW BX50F BU60RE BU75RW BU200RW BY50S BN100S BY80S BU300RW BN150S BZ35LT2 BY50FW BU100SW BY120S BU75SW BX50FW BZ50LT2 BN100XR BX35F BN150XR BU50SW BN220S BU1002SW BU3002SW BU100RW BN300S BY75SW BN50S BN240XR BU100RE BY35S

サポート/サービス

対応状況(OS/ストレージ/アプライアンス/FAPC)
ダウンロード(取扱説明書/仕様書/カタログ/ドライバ/プロトコル/CAD)
バックアップ時間
デモ機
輸出について
修理
UPS本体3年保証
バッテリ無償提供サービス
テクニカルサポート
リプレイスサービス
FAQ
用語集
メルマガ申込/カタログ請求
お問い合わせ先一覧
生産終了機種(全カテゴリ)

製品選定

選定方法
選定マップ
UPS選定ツール
比較表作成ツール
他社製UPS同等品検索ツール
ストレージ/アプライアンス動作検証
FAPC動作検証
バックアップ時間

ご愛用者登録

インフォメーション

トピックス
全国取扱店
イベント/キャンペーン
輸出について

オンラインショップ


  1. ホーム>
  2. 無停電電源装置(UPS)>
  3. インフォメーション>
  4. 仮想化環境専用自動シャットダウンソフトVirtuAttendant アップグレードのお知らせ

仮想化環境専用自動シャットダウンソフトVirtuAttendant アップグレードのお知らせ

2021年10月13日


仮想化環境専用自動シャットダウンソフトVirtuAttendantのアップグレードを下記の通りに実施いたしました。



1. アップグレード情報

エージェント 改善点
VirtuAttendant
Ver.2.2.0
【機能追加】

(1)
設定ウィザード
・「VMware vCenter Server」と本製品を起動するスクリプトにおいて、固定値で設定していた仮想マシン名を実際の仮想マシン名を自動で取得し、起動するスクリプトに反映する機能を追加
(2)
優先度設定
・Nutanix環境において、「Prism Central」の停止/起動を設定する機能を追加
(3)
システム
・固定であった送信元アドレスを変更できる機能を追加
(4)
その他
1)VSphereクラスターサービス(vCLS)制御機能を追加
① 本製品でvCLSを管理対象外とし、シャットダウンおよび起動制御を行わず、ノード一覧上にも表示しない
② vCLS以外にも以下の仮想マシン名をデフォルトで本製品の管理対象外とする
・CVM
・OmniStackVC
・stCt1VM
2)本製品を手動でシャットダウン/起動した場合、仮想マシンを自動で起動しない機能を追加
(備考)HA機能が実行された場合(ホストがダウンし、稼働中の別ホストで本製品が自動で再起動した場合)、および「Prism」や「vSphere Client」などから手動で本製品をシャットダウンし、本製品を起動した場合、本製品は仮想マシンを起動する処理を実行しません。

【機能改善】

(1)
初期設定
1)本製品のユーザとして、adminを使用できるように改善
2)本製品のデプロイ後に実行する「init_setting.sh」について、本製品を再起動せずにデフォルトゲートウェイを反映するように改善
(2)
設定ウィザード
1)UPS設定画面の停止条件において、UPSの台数分(1台から)まで選択できるよう改善
2)ネットワークカード(型式:SC21)に書き込む初期値を次のように変更
① Nutanix環境で使用するcluster stopコマンドのスクリプト待機時間を0秒から60秒に変更
② vSphere環境で、「VMware vCenter Server」の起動から600秒後に本製品を起動するように、本製品の起動コマンドのスクリプト待機時間を1320秒から1680秒に変更
③ UPS出力停止時間をデフォルト値(変更可能)180秒から480秒に変更
④ 本製品とネットワークカード(型式:SC21)を連携するためのVAシャットダウン機能の初期値を「無効」から「有効」に変更
(3)
ノード一覧
・フィルタをかけて全チェックボタンを押した場合に、フィルタがかかっていない仮想マシンもチェックが入ってしまう事象を改善
(4)
優先度設定
・スクリプトを追加時に画面レイアウトが一部ずれている事象を改善
(5)
グループ一覧
・グループ一覧画面で表示している説明文誤記を訂正
(6)
システム
・SMTPのIDとメールアドレスを128byteまで入力できるように改善
(7)
その他
1)ノード一覧画面で同一の仮想マシンが複数表示される事象を改善
2)Communication Link Active情報取得に時間がかかりタイムアウトになった場合、仮想マシンが表示されない事象を改善
3)「VMware vCenter Server」をシャットダウンするときに、RESTが受け付けない場合にリトライする処理を追加
4)オープンソースソフトウェアの更新
・OpenJDK 12-12.0.2+10.4_3
・Apache 2.4.48
・Apache Tomcat 9.0.44
・sudo 1.9.7p1
・curl 7.76.0
・net-snmp 5.9_3,1
・open-vm-tools 11.2.5,2

※VirtuAttendantをご利用でない方はアップグレード不要です。



2. 提供開始日:2021年10月13日

【VirtuAttendant アップデートツールのダウンロードはこちらから】



以上

▲上へ戻る

オムロン製UPS本体、交換バッテリ、オプション等の製品型番で検索いただけます。