エントリー

社員紹介STAFF

営業

就職活動の際にOSS(オムロン)を選んだ理由を教えてください。

元々社会インフラを支えられる商材を提供できる会社に勤めたいという想いがありました。オムロンは企業の公器性を謳っており、多様な業界を下支えするような製品が中心であったため、私の就活の軸にマッチしていたので、受けてみたいと考えたのが始まりです。

加えて説明会やグループワークの内容が決定的でした。まず説明会では現在私が所属している部門の先輩が説明員として立たれていたのですが、その際の人当たりの良さに惹かれました。丁寧でわかりやすい説明の中に、自分たちが携わっているビジネスへの熱い想いとひたむきさを感じ、「こんな熱い方々がいる職場で働きたい」と思ったのを覚えております。実際に入社してみて、当時自分が感じことは間違っていなかったと日々実感し続けています。

グループワークは、仕事をイメージしやすく、且つ就活生たちに考えさせるような内容でした。そのため採用活動の場にも関わらず、大変面白く実りのある時間でした。就活生たちの採用/不採用を決めるだけでなく、何か一つ学びを与えようとする会社の姿勢が伝わってきて、他にはない魅力を感じました。

上記の経緯で惹かれていき、私はOSS(オムロン)を選びました。

現在担当しているのはどのような業務ですか。

営業活動をサポートする業務に携わっています。

具体的にはUPS(無停電電源装置)という製品の在庫管理・納期調整・販売実績の分析を行っています。在庫管理・納期調整では、営業が安心してお客様に製品を提案できるように、欠品を減らして機会損失をなくすことに従事しています。販売実績の分析では、営業が自分たちの活動を振り返ってお客様により良い提案ができるように、数字をわかりやすく見える化しています。1台でも多くお客様に継続でご購入・ご使用いただけるよう、営業の環境を整備することが私の仕事です。

働くやりがいや楽しさを感じられるのはどんな時ですか。

お客様や営業から感謝の言葉をもらった時です。

私は今所属している部門の営業を信頼しています。彼らの提案ならば、お客様にとって良い提案であると確信しています。彼らの力になることはUPSをご採用いただいたお客様を通じて電源リスクゼロ社会の貢献できることなので、あらゆる助力を惜しみません。営業からもらう「ありがとう」は、就活のときに目指していた「社会を支えること」の一端を担えたという証です。だから私は営業と日々コミュニケーションを取り、少しでも助けになれるよう業務に取り組んでいます。

また一つの案件でも、私と営業以外に関わるメンバーはたくさんいます。私が営業から感謝の言葉をもらうときは、お約束どおりにUPSが納品できるようメンバーと調整でき、全員の努力が報われたときです。営業の「ありがとう」は私から各メンバーへの「ありがとう」に繋がります。営業をきっかけにメンバー全員で喜びを分かち合うことができるので、彼らの「ありがとう」が一番嬉しいです。

仕事で苦労した事、困難だった事はありますか。

日々のトラブル対応全般の一言に尽きます。営業が受注後の処理をスムーズにこなすことが私の部門の役割です。そのため声がかかるときは納期などでトラブルが発生していることが多いです。

トラブルを解決するためには関係している各部門との調整が必要となります。事態が円滑に進むようお客様とコミュニケーションを取ってくれる営業部門、安心安全な製品を作り続けてくれる生産部門、製品を無事お客様の元にお届けするための倉庫業務を担ってくれる物流部門、私の仕事は関わるすべての方々の仕事に影響を与えます。

どんなに素晴らしい解決策を思いつこうと、関係するメンバーに正しく伝わらなくては、トラブルの解決はできません。それに仕事は一人ではできないので、私が知り得ない悪い影響がないかを予め各部門に確認し、着実に遂行できる解決策を考え続けなければいけません。

各部門との調整、と一言で片づけてしまえば簡単ですが、その中には膨大な量のコミュニケーションが含まれています。現在進行形でこのコミュニケーションには苦労し続けています。相手に伝わる言葉を選び、認識を合わせ、方針の整合を取り、間違いがないように実行する。かつてはこのコミュニケーションに怖気づき、一人で考えて時間が過ぎてしまうこともありました。でも最近は一人で考えているだけでは何も進まないことを実感し、わからないことがあれば躊躇なく関係者に聞きにいくことで、コミュニケーション量を増やし着実に仕事を進められるよう精進しています。

今後仕事をしていく上で成し遂げたいと考えている事や目標はありますか。

私の短期的な目標は今所属している部門で営業が仕事をしやすい最高のインフラ環境を整えることです。

営業が実務に活用しているシステムには拡張性が足りず、非効率的になってしまっている箇所がいくつもあります。営業が一人でも多くのお客様に、良い製品の提案をするためには、彼らが仕事をしやすい環境を整えるのは必須です。
営業はお客様と社内の全部門を繋ぐ役割を担ってくれています。彼らが一つでも多くの案件を獲得できれば、お客様も業務に関わる全てのメンバーも喜びます。私はお客様と直接対峙できない代わりに、営業にとっての最高の環境を作ることで、この喜びに繋げるための最短の手段を追求していきます。

そして長期的な目標としては、営業戦略も含めた営業支援活動に取り組める立場になりたいです。

数字の傾向から市場のニーズを分析し、分析結果で思いつくアイデアを営業と考え抜く。営業はアイデアをお客様に提案し、結果のフィードバックをもってくる。フィードバックを踏まえてディスカッションをし、より良いアイデアへとブラッシュアップさせる。
営業戦略に携わることで、前線にいる営業の努力をもっと肌身に感じることができます。私のいる部門は幸い関わる部門が多いので、彼らに営業の成果を伝えることができます。営業の成果が増えれば、各部門が喜ぶ仕事も増え、関連するメンバーのモチベーションにも繋がります。そしてもっと成果を増やせる環境が整い、お客様も喜び、電源リスクゼロ社会に近づくことができる。この繰り返しを実現していきたいです。

ページの先頭へ
ページの先頭へ