エントリー

社員紹介STAFF

開発設計(メカ)

就職活動の際にOSS(オムロン)を選んだ理由を教えてください。

オムロンが大切にする価値観のひとつである「ソーシャルニーズの創造」という言葉の通り、オムロンは製品を通じた社会貢献を第一に考えるところに魅力を感じました。中でも社会システム事業を担うOSSは、社会貢献に直結する事業展開をしています。多くの人々が日常生活の中で使う機器を、自らの手で作り出せるというところに設計者としてのやりがいを感じOSSを選択しました。

また学生時代に機械工学を専攻していたことから、就職活動では機構設計ができる職種を希望していました。OSSの主力製品である駅務機器は、オムロングループの中でも数少ない、搬送系やアクチュエータからなる機構部をもつ製品であり、志望していた職種とマッチしていたこともOSSを選んだ理由の一つです。

現在担当しているのはどのような業務ですか。

駅でみなさんがよく利用される券売機のメカ設計を担当しています。
券売機の中には役割に応じていくつかの機器が搭載されています。たとえば、ICカードをチャージするとき、券売機の中では挿入されたICカードをカード専用の機器で更新する処理を行っています。この機器にはカードを搬送するための機構や、カードの種類に応じて搬送経路を振り分ける機能などを持っています。私はこのような機構設計や評価業務を行っています。

またメインは設計業務ですが、時には設計者としてお客様のもとに出向き、商品の仕様を説明したり、鉄道事業者様とお話しして要望を確認するような仕事もしています。

働くやりがいや楽しさを感じられるのはどんな時ですか。

苦労を重ねて自ら設計したものがオムロンの製品として形になったとき、設計者としての嬉しさと充実感を味わうことができます。特にメカ設計者は、自ら設計したものを目で見て手で触ることができるため、達成感を肌で感じとることができます。

開発工程では試作を行います。今まで3D-CAD上でモデルを作成し、何度も形状変更や修正を繰り返し、苦労して作り上げた部品が試作段階で初めて形になります。試作機の組み立ては設計者自らが行うため、組立てる瞬間は不安でドキドキしますが、無事に組立てが完了し思い描いていた通りの機能を満たす製品が出来上がった時のうれしさは格別です。

また評価工程を経て、最終的にはOSSの製品として鉄道事業者様のもとへ出荷されたとき、社会貢献につながる仕事をしていることを実感します。

仕事で苦労した事、困難だった事はありますか。

入社2年目で初めて構成設計から生産移管までを経験した、券売機メカの新規設計テーマでは、たくさんの苦労を経験しました。

わたしはメカ設計メンバの一員として、レールユニットの構想設計から量産フォローまで担当しました。構想設計では既存機器のレールユニットについて調査し、確実に設計を進めました。しかし、いざ試作品を機器本体に組み合わせると、組み付けができないトラブルがありました。原因は機器本体側の仕様との差異があったためです。これは自分が担当したレールユニットばかりに気を取られ、取り付ける本体側まで考慮できていなかったことが原因でした。設計者として、自ら設計する機器全体と自分が担当する箇所の位置づけを明確化することの大切さに気付かされました。

また試作機の組み立てでは、一部の部品どうしが干渉しそうなぐらい隙間が狭いところがあり、設計変更をして再試作を行いました。これは部品の寸法公差や組立ガタが大きかったことが原因でした。今でも寸法公差やガタの計算には悩まされることが多いですが、当時は設計に慣れておらず3Dモデルの寸法に頼って設計していました。しかし実際には部品が加工されるときのバラつきや、部品点数が増えることによってバラつきが累積される累積公差が発生します。これらは図面の寸法の入れ方ひとつで簡単に変わってしまうため、とても奥が深くまだまだ勉強と経験が必要です。

今後仕事をしていく上で成し遂げたいと考えている事や目標はありますか。

券売機メカ担当として、「券売機のスペシャリスト」を目指しています。入社後3年間で新規開発テーマに携わったり、鉄道事業者様とお話しさせていただく機会をいただいたりと、様々な経験をさせてもらいました。

しかし、メカ設計者として一人前になるにはまだまだ経験と知識が不足しています。これからも先輩方の技術や専門知識を自らどんどん吸収し、鉄道事業者様や他部門の人から頼ってもらえる設計者になれるよう日々努力を継続します。

また券売機設計で培った技術力は、駅務機器以外の分野にも応用できる可能性をもっています。ICカードや電子マネーの普及などソーシャルニーズは日々刻々と変化し続けている中で、本当に必要とされるものは何かを見極められ、それを技術力で実現できる技術者を目指しています。そのためにも設計視点のみならず、お客様視点を持って今後の業務を遂行していきます。

ページの先頭へ
ページの先頭へ