オムロンフィールドエンジニアリング西日本株式会社

オムロングループのCSR

オムロングループが取り組んできたCSR活動をマネジメント、社会、環境の側面からご紹介します。

当社におけるCSR・コンプライアンス

当社グループにおけるCSR・コンプライアンス活動をご紹介します。

各種方針

CSR・コンプライアンスを実践するために、品質・環境・情報セキュリティについて方針を掲げ活動をしています。
品質方針
お客様に最適なソリューションを展開するエンジニアリングサービスと、その機器やシステムの安定稼動を支えるフィールド
サービス。
当社では、「安全・安心・快適」なサービスをお届けするため、「品質方針」を掲げて日々品質向上に取り組んでいます。

品質方針

 安全・安心・快適な社会を創り・守り・支えるため、
   技術と心を磨き続け、
 満足と信頼を得られるサービスを提供する。

  【解説】 

  ■「安全」とは、サービス・製品・システムが関わって生じる危険防止対策が十分になされ客観的に
    危険が無い状態のことである。 

  ■「安心」とは、顧客満足を安定的に実現するための仕組みが守られており、いつでも説明責任が
    果たせる状態のことである。 

  ■「快適」とは、事業を通じて社会的課題が解決され、人が輝くより豊かな状態のことである。 

  ■「創り・守り・支える」とは、ソリューション提案から設計・保守・運用までをフルサポートし、
    顧客課題にワンストップで応えることである。 

  ■「技術と心」とは、営業、設計・開発、施工工事、運営監視、保守・サポート、物流・リペア、
    管理業務などの技術スキルに加え、品質意識、プロ意識、思いやりなどのマインドを併せ持つことである。

   ■「満足と信頼」を得られるとは、事業を通じて社会的課題の解決に取組み、必要とされる企業で
    あり続けることである。


環境方針

オムロンフィールドエンジニアリンググループは、環境活動を企業が果たす責任の一つと考え、オムロングループの方針に準じて環境活動に取り組んでいます。2002年9月にISO14001の認証を取得し、現在では本社・コールセンタ・ロジスティクス機能がある拠点を対象に認証を取得しています。

 オムロングループでは、環境マネジメントシステムをグローバルマルチサイト化(グループ会社が一つの環境マネジメントシステムの中で環境活動を進めていく仕組)に移行することになりました。オムロンフィールドエンジニアリンググループもその一員として2009年度に移行を完了し、活動しています。
 

オムロングループ環境方針

 私達は、オムロングループの企業理念に基づき、地球環境に貢献する商品・サービスの提供と、
すべての経営資源を最大限、有効に活用することにより、グローバルで持続可能な社会の実現に貢献していきます。

 1.地球環境に貢献する商品・サービスの提供
私たちは、持続可能な社会の実現に貢献する商品・サービスを提供します。

 2.地球温暖化防止
私たちは、バリューチェーン全体で温室効果ガス排出量の継続的改善を行います。

 3.資源の有効活用
私たちは、ものづくりに必要となるすべての資源は、地球・社会からの預かりものと考え、最大限、有効に活用します。

 4.自然との共生
私たちは、大気汚染・水質汚染・土壌汚染が自然環境の破壊につながることを強く認識し汚染の予防に取組みます。

 5.環境マネジメントの推進
私たちは、グローバルに環境マネジメントシステムを確立し、継続的な改善を図り、
法的要求事項を順守し、ステークホルダーに対して環境情報開示を行い説明責任を果たしていきます。
 


  

情報セキュリティ方針
当社は、公共性の高いフィールドサービスを通じて、お客様に「安心」と「安全」を提供し続けるとともに、企業の社会的責任を果たすため、情報セキュリティ基本方針を掲げ、情報セキュリティ活動に取り組んでいます。

情報セキュリティ基本方針

  当社は、公共性の高いフィールドサービスを通じて、お客様に「安心」と「安全」を提供し続けるとともに、
  企業の社会的責任を果たすため、本情報セキュリティ基本方針(以下、基本方針という)に基づき、情報
  セキュリティ体制を確立します。

 

 1.情報の保護

   情報セキュリティに関する法規制、契約上の要求事項等の社会的規範を遵守するとともに、情報の

   取り扱いに関する会社規定を定め、お客様および当社で保有する情報の不正アクセス、漏えい、

   紛失、改ざんおよび破壊等、情報セキュリティ上の事件・事故発生の未然防止に努めます。

 2.実施状況の点検

   定期的に情報セキュリティの実施状況を点検し、すべての従業員が、本基本方針および会社規定等

   を遵守していることを確認します。

 3.情報セキュリティ活動の継続的な改善

   市場および環境の変化に対応して、全社の情報セキュリティ活動の適切性、妥当性、有効性を評価

   し、継続的な改善に努めます。

 4.情報セキュリティ意識の向上

   委託先を含むすべての従業員に対して、その職務に応じた責任を明確にするとともに、必要な情報

   セキュリティ教育を継続的に実施し、情報セキュリティ意識の向上を図ります。


CSR・コンプライアンス教育

オムロンでは、企業理念の中の「経営指針」に示したCSRの基本的な考え方を、全グループの一人ひとりが着実に実践していくために、2006年度に「CSR行動ガイドライン」を制定しました。

このCSR行動ガイドラインに基づき、コンプライアンス意識の向上をめざした教育研修を実施しています。

管理監督職 毎年、CSR・コンプライアンス研修を実施。
(CSR全般、下請取引、建設業法、情報セキュリティ、独占禁止法、派遣と請負、安全衛生、
 産業廃棄物など)
全社員教育 毎年、集合教育やe-learningなどで啓発を実施。
・企業倫理教育(毎年10月、オムロングループ企業倫理月間の取組み)
・人権啓発(毎年12月の人権月間に合わせて実施)
・情報セキュリティ教育  ほか
「話し込み」毎月実施 全国に配備する拠点において、人や部署による様々な価値観を共有し、
風通しのよい職場風土をつくることを目的に、各職場・事業における具体的な
事実や事象を題材に、CSRおよびコンプライアンスの観点で職場討議を毎月実施。
その他 ・交通安全教育
・金銭管理啓発(隔年実施)
・普通救命救急講習、AED講習
・メンタルヘルス勉強会 ほか

このページの上部に戻る