社長メッセージ

社会課題をソフトウェアで解決し、
豊かな社会を創造する!

代表取締役社長 今井照泰

オムロン ソフトウェア株式会社は1976年の創業以来、40年以上にわたって

  • 京都 河原町三条交差点での「自動感応式電子交通制御機」から始まった道路交通制御
  • 大阪 阪急・北千里駅での「自動改札機・券売機」から始まった駅の機械化・自動化
  • 銀行から始まり、今やコンビニエンスストアにまで広がった金融ATMやカード決済

など、「ソーシャル・ニーズの創造」を経営理念に掲げて、社会インフラというべき公共システムに携わって参りました。

私たちは、これらの経験を通じて「Embedded(組込み)」「Control(制御)」「Network(通信)」そして「Integrate(構築)」に関する技術とノウハウを蓄積すると共に、「Quality(品質)」に重きを置いたソフトウェアやサービスを提供して参りました。

近年、世界規模で情報通信インフラは著しく発展し、多くの企業のビジネスに高度なIT技術が利用されるようになってきています。

私たちは、これら時代の要請に的確に対応するために、公共システム事業で培った実績・経験・技術・ノウハウをコアコンピタンスとして、「組込み開発」「システム構築」「運用・保守サービス」などにおけるトータルな技術力と提案力で、お客様の課題解決につながる「ソリューション」、そしてお客様にとっての「新しい価値」をご提供いたします。

オムロンソ フトウェアは、社会課題をソフトウェア技術・ソリューションで解決し、
「世界中の人々が安心・安全・快適に生活し続ける豊かな社会」創りに貢献して参ります。

代表取締役社長 今井照泰