サポート
Wnn7 Personal
FAQ

2.
xwnmo について

2-1 xwnmo から入力できません

 
xwnmo から入力するための設定が不十分である可能性があります。
環境変数 XMODIFIERS の値を確認してください。
   
  # echo $XMODIFIERS
   
の実行で「@im=_XWNMO」と表示されなかった場合は、以下の様にして設定してください。
   
●  bash の場合、 $HOME/.bashrc に
   
  export XMODIFIERS="@im=_XWNMO"
   
   
●  csh(tcsh) の場合、 $HOME/.cshrc に
   
  setenv XMODIFIERS "@im=_XWNMO"
   
と追記して、再ログインします。
   

Index

2-2 xwnmo のキーバインドが有効になりません。

 

ご利用の環境によっては、Window Manager や他のアプリケーションとのキーバインドのバッティングが発生してしまう可能性があります。 どちらかのキーバインドを利用可能なものに変更してください。

xwnmo のキーバインドは、xwnmo ツールパレットのメニュー 「キーバインド設定」 より変更が可能です。


Index

2-3 「単語登録」や「環境設定」ツールが文字化けします。

 
環境変数 LC_ALL を設定してください。
 
●  bash の場合、 $HOME/.bashrc に
   
    export LC_ALL=ja_JP.eucJP
   
●  csh(tcsh) の場合、 $HOME/.cshrc に
   
    setenv LC_ALL ja_JP.eucJP
   
と追記して、再ログインします。
   

Index

2-4 mozilla や Netscape6/7 へ入力するにはどの様に設定すればよいのですか?

 
最新の mozilla/Netscape であれば、設定の必要なく xwnmo からの入力が可能です。
 
もし入力できない場合や、"Over-The-Spot" 入力形式を変更される場合は、
$HOME/.mozilla/default/pbtrfxgf.slt/user.js ファイルに以下の設定を追加してください。
   
  user_pref("xim.input_style", "over-the-spot");
   
default/pbtrfxgf.slt ディレクトリは、ログインユーザによって名称が異なります。
user.js ファイルが存在しない場合は、新規に作成してください。
   

Index

2-5 rxvt に入力できません。

 
アップデートセンター より最新の xwnmo にアップデートしてください。
 
それでもなお rxvt に入力ができない場合は、以下の設定を確認してください。
 
●  起動オプションで日本語入力システムに xwnmo を指定して rxvt を起動する
   
 
   
  $ rxvt -im _XWNMO
   
   
●  $HOME/.Xdefaults $HOME/.Xresources に以下の設定を追加し、X Window System を再起動する
 
 
   
  rxvt*inputMethod: _XWNMO
   

Index

2-6 xwnmo ツールパレットの起動位置を変更する方法は?

 
起動オプション -g にて、X Window System 上でのポジションを指定することが可能です。
 
ディスプレイに表示された画面の左上隅が +0+0 となり、逆に -0-0 は右下隅となります。
※詳細は XFree86 のドキュメント等を参照してください。
 
以下の例では、左上隅より「右に 0、下に 30」の位置に起動します。
 
  例)
   
  $ xwnmo -g 1x1+0+30
   
  "1x1" の箇所は固定値です。常に入力してください。
   

Index

2-7 xwnmo で全角スペースを入力する方法は?

 
xwnmo のキーバインドをカスタマイズしてください。
 
xwnmo メニューの「キーバインド設定」を起動し、[キーカスタマイズ]ボタンをクリックすると、現在ご利用のキースタイルで個別のカスタマイズが可能になります。
そこで「MS-IME 全角スペース入力」または「全角スペース入力」エントリにお好みのキーを設定してください。
 
  例)
  「MS-IME 全角スペース入力」を、[Shift+Space] キーに設定する場合
 
   
1.  キーカスタマイズ画面で「MS-IME 全角スペース入力」エントリを選択し、[変更] ボタンをクリックします。
 
   
2.  "キーコード" 欄にキーバインドを設定します。
   
 
 
機能名 : MS-IME 全角スペース入力
モード : 13
キーコード : Shift|space
   
※「MS-IME全角スペース入力」と「全角スペース入力」の違い
 
「MS-IME全角スペース入力」は、行頭でも全角スペースが入力されます。
「全角スペース」の場合、行頭では半角スペースが入力されます。
   

Index

2-8 Flash コンテンツが使用されているページで、Mozilla が強制終了してしまいます。

 
FlashPlayer6 で Flash コンテンツを表示させる際、日本語入力システムと接続されていると Mozilla が強制終了してしまう場合があります。
本現象は、xwnmo と XFree86 を最新のバージョンにアップデートする事により回避できます。
 
xwnmo は アップデートセンター より最新のバージョンにアップデートしてください。
XFree86 は修正が施されたもの にアップデートしてください。
 
※配布中の XFree86 が本現象に対応済であるかは、各ディストリビュータに確認してください。
 

Index

2-9 KDE などの Qt アプリケーションにうまく入力できません。

 
Qt の XIM 入力スタイルの初期設定は "On The Spot" ですが、まだ実装が不完全な様です。
入力スタイルを "Over The Spot" に変更してください。
 
●  qtconfig を使用する場合
   
  qtconfig を起動し、[Interface] タブの "XIM Input Style" の項目で「Over The Spot」を指定し、保存/終了してください。
   
●  qtconfig を使用しない場合
   
 

$HOME/.qt/qtrc を直接エディタで編集してください。
[General] セクション内に XIMInputStyle=Over The Spot と追記します。

   
 
  例)
   
 

[General]
XIMInputStyle=Over The Spot

   
  $HOME/.qt/qtrc が存在しない場合は、新規に作成してください。

Index


Next: 3.Wnn7egg について

 

Top: ページ先頭に戻る   Index: もくじへ戻る