主な特長

キャップ検査

  1. 不良品の後工程への流出防止
  2. 汎用機器で構成・構築する事による
    カスタマイズ・メンテナンス向上
  3. 自動制御による型替ミス、検査精度の不安定を解消

詳細説明

1.検査機の分散化による不良品の早期発見と不良要因の早期解決

検査機の分散化による不良品の早期発見と不良要因の早期解決

2.下流での排出2重チェックで不良品の後工程への流出防止

  • 下流排出ミス確認センサで排出ボトルを2重に確認
  • ライン能力オーバー、密着ボトル等で検査していない
    ボトルを未検査として排出

製品

入味・キャップ・異物検査機

キャップ全周検査・異種キャップ検査・入味線検出・異物を検査。

ブリッジ・傾き検査画面

ブリッジ切れ検出画面

異種キャップ検査画面

異物検査画面

装置外観

装置内部

マルチボトル対応入味・キャップ・異物検査機

PET・瓶・ボトル缶等、マルチラインに対応。

ラベル検査機

ラベル破れ・ラベル縦ずれ横ずれの、全周検査を実現!

フルシュリンクラベル破れ検査画面例

ラベル検査機外観(操作側)

リジェクトコンベア

キャップ印字検査機・ラベル印字検査機

賞味期限・製造年月日等、IJP・レーザー印字文字を、照合検査します。

キャップ印字良品

不良品

ラベル検査機

レーザー印字

キャップ印字検査機

印字ヘッドと一体化

缶底印字検査機

高速缶ラインの印字を、2ライン同時に文字照合検査し、データを管理。自動型替機能・排出制御。缶中味温度測定の追加可能。

自動型替付 検査部

排出状況画面

2ライン制御盤

標準キャップ外観検査機

4台のカメラで、樹脂キャップのブリッジ切れ、斜めかぶり、汚れを、ローコストに全周検査。ワンタッチ品種型替機能付き。

検査画面

排出装置

SUSタイプ制御盤

アルミキャップ外観検査機

4台~6台のカメラで、キャップロック不良・角出し、斜めかぶりを全周検査。ネジ深さ、絞り込み、等も検査対応可能。
自動型替機能付き。

検査画面

検査画面

検査画面

シュリンク前ラベル・アルミテープ検査機

ラベラー直後で、ラベルのかぶせずれを検査。アルミテープも検出。

ラベルなし

ラベルズレ、アルミテープあり

タックラベル検査機

キャンペーンシールの有無を、カラー抽出。
自動型替付き。

ラベルあり

ラベルなし

異種キャップ検査機(カラー)

樹脂キャップ~アルミキャップまで、色と文字パターンで、大量のキャップ種別を判別可能。

カラーカメラと、モノクロカメラを利用

瓶底異物検査機

ダーク瓶底の見えない異物を検出。

ダンボール印字・外観検査機

ダンボールの印字照合と、フラップ部の開き・中折れの等の同時検査を実現!

装置外観

ボトルピッチ切り装置

コンベア上の密着ボトルを、等間隔にピッチを切り出し。
ラベル全周検査、検査精度アップに活用。自動型替機能を、品種設定機能に連動し、高精度型替。

ピッチ切装置外観

ピッチ切装置

内部

※ラベル検査機とセット設置で、ボトル間20mmによる、ラベル破れの高速全周検査が可能。

検査機納入実績(2015年春 現在)

1.容器別 検査項目の実績一覧表

検査機納入実績500台以上(2015年春現在) 以下、納入例

検査項目 ペット 紙パック
缶底異物検査      
入味検査    
充填後浮遊異物検査      
空瓶、空缶検査(口天ひび、異物、方向)    
充填後異物検査    
印字検査(有無、文字照合)  
キャップ検査(ブリッジ、ベレー、異種)  
ラベル検査(有無、破れ、ズレ)  
中味温度検査    
ホットメルト接着検査(赤外線カメラ利用)    
アンケーサー残瓶検査      
シュリンク前ラベル検査(ラベル、アルミ)      
タックラベル検査  
ダンボール印字外観検査  
空ペット      
紙パック シュリンク      

2.導入実績(順不同)

  1. サントリーグループ 様
  2. アサヒ飲料株式会社 様
  3. コカ・コーラウエスト株式会社 様
  4. サッポロビール株式会社 様
  5. コカ・コーラウエストプロダクツ株式会社 様
  6. ポッカサッポロフーズ&ビバレッジ株式会社 様
  7. アサヒビール株式会社 様

その他飲料、焼酎・日本酒メーカ様多数実績あり

ソリューションに関することなど
なんでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

このページの上部に戻る