主な特長

セーフティソリューション

  1. セーフティアセッサ資格保有者による対応
  2. 生産性を考慮したソリューションのご提案
  3. 既存機械、装置の安全化をご提案

詳細説明

  • 特長1セーフティ資格
    弊社の現場技術者は日本認証株式会社が発行するセーフティ適格性証明書を所持しております。
    安全性の妥当性確認に必要な能力があり、第三者として総合的に判断し改善内容をご提案します。
  • 特長2特定建設業資格の
    保有
    弊社は特定建設業の資格を保有しており、3,000万円以上の工事作業を請け負うことができます。
  • 特長3業界トップクラス
    の商品を提供
    セーフティ先進国である北米でトップクラスのOSTI社製セーフティ機器を取り扱っています。
    (OSTI社:オムロンサイエンティフィックテクノロジーズ社)

1.工事完了までの流れ

現地診断

機械安全に関する危険性の調査を実施し、現状の危険度合いを報告します。

設計

現状の生産性に影響を与えず、実現可能なリスク低減措置をご提案します。

現場工事

現地にて、安全施工を実施します。最後の試運転はお客様立ち会いのもとで実施いたします。

2.機械安全セミナー

対象 事業所の機械技術担当者、安全管理者、ライン管理者、担当者
初めて機械安全を検討されている方
定員 20名程度
開催場所 ご指定の場所
プラン
≪機械安全セミナー1≫
国内法・JISをベースとした教育セミナー
≪機械安全セミナー2≫
機械安全セミナー1+リスクアセスメント実習
≪機械安全セミナー3≫
機械安全セミナー1+お客様装置でのリスクアセスメント実習 +講師による対象装置の現場診断
研修期間 1日
講師 講師はセーフティアセッサ資格保有者

機械安全を検討されいる方や機械を使う作業者を対象に、国内法やJISをベースとした機械安全セミナーを実施しています。
機械安全セミナーの目的は、安全な作業環境を提供するために、リスクアセスメントやリスク軽減措置などの知識を習得していただきます。

3.取扱商品

ロープを引くだけで機械を非常停止
広範囲なエリアをカバーするロープ式非常停止スイッチ

  • ER1032 ロープ長 200m
  • ER1022-042xELL ロープ長 125m
  • ER5018 ロープ長 40m
  • ER6022 ロープ長 80m
  • ER1022-042xELR ロープ長 125m
  • アクセサリー

ソリューションに関することなど
なんでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

このページの上部に戻る